眼瞼下垂を解消してまぶたを軽くしよう~目の魅力をグーンとUP~

刺激によるくすみを除去

顔

レーザーまたは塗り薬

目の下の皮膚はくすみやすいのですが、それは厚みが少ない上に刺激を受けやすいからです。たとえば眠い時に目をこすったり、メイク化粧品を塗ったりといった摩擦による刺激ですが、これらにより皮膚ではメラニン色素が作られます。それが蓄積することで、目の下は徐々にくすんでいくのです。隠すために多くのメイク化粧品を塗ると、刺激をさらに増やすことになるので、多くの人が美容外科で治療を受けています。美容外科では、レーザー治療または塗り薬による治療で、目の下のくすみを除去してもらえるのです。くすみがあると、不健康に見えたり老けて見えたりしがちです。しかし治療を受ければ、健康的で若々しい桃色の肌を取り戻すことができるのです。

高齢化による需要の高まり

具体的には、レーザー治療はメラニン色素を熱で破壊するという方法でおこなわれます。破壊されたメラニン色素は、1週間ほどで肌から排出されていきます。そして塗り薬は、レチノイン酸で作られたものが処方されることが多いです。レチノイン酸には、表皮細胞の分裂を促すことで、状態の悪くなった皮膚を除去する作用があります。どちらの治療もくすみの除去には非常に効果的ですし、両方を組み合わせた治療にすることで、さらに効果が高まります。目の下のくすみは、刺激を受ける機会が多い人ほど生じやすくなります。そのため若い人よりも、ある程度年を重ねた人の方が、目の下のくすみに悩んでいることが多いです。高齢化によりそのような人が増えている現在では、上記の治療の需要が高まることが予想されています。